キャバ嬢たちのコロナウイルスに対する反応

昨今、世界中を苦しめているコロナウイルス。筆者が大好きなキャバクラも大きな影響を受けています。調べてみると、コロナ感染者の感染経路としてキャバクラも挙げられているようです。真偽のほどは定かではありませんが、実際にお客さん・キャバ嬢も感染してしまったという話もあります。国内外で営業自粛が叫ばれているなか、今も現場で働いているキャバ嬢の方々はどう思っているのでしょうか。キャバ嬢や関係者の方のコロナに対する反応を見てみましょう。

とあるキャバ嬢さんの反応①

筆者の主観的意見

このご時世、大丈夫な人なんて一人もいないに等しいですからね。「この余裕のない時にわざわざ連絡してきて、結局何が言いたいんだよ!」といった内心でしょうか。賛否はあるでしょうが、こういう状況だからこそ、リスク云々以前にお客さんとして足を運んでくれる人の方が大事なのでしょう。生活がかかってますからね。

とあるキャバ嬢さんの反応②

筆者の主観的意見

先ほどのキャバ嬢さん同様、たとえ心配メールでも無用な連絡をされるのは迷惑みたいですね。あくまでビジネスだとしっかりと割り切られてます。今は連絡は避けたほうが良いですね。これを読んでる皆様も気を付けましょう!

とあるキャバ嬢さんの反応③

筆者の主観的意見

先ほどと同じキャバ嬢の方です。コロナ対策に必死になるのは良いですが、行動が矛盾しちゃってますよね。こんな人を見かけちゃったら笑いものになるのは必至です。自粛なら自粛でしっかりと徹底しましょう!

とあるキャバ嬢さんの反応④

筆者の主観的意見

このような状況では、感染を加速させてしまうのも無理はないですよね。キャストさんやスタッフの方々も、生活のために命がけでお仕事をなさっています。お店や個人に対して、緊急時においての政府からの補填制度が欲しいものですね。

とあるキャバ嬢さんの反応⑤

筆者の主観的意見

めちゃくちゃ切れてますが無理はありません。「自分は大丈夫」ということではなく、周りに感染させてしまう恐れがあるということを念頭に置かなければなりません。わざわざ言う事ではないかもしれませんが、お客とスタッフという関係以前に、みな同じ人間であるということを理解して慎重に行動したいものです。

とあるキャバ嬢さんの反応⑥

筆者の主観的意見

一見手厳しい意見ですが、残念ながらこの状況下ではかなり現実的な意見とも言えます。こちらの方自身キャバ嬢とのことなので、現場の方しか感じられない焦燥感や諦観が伝わります。

とあるキャバ嬢さんの反応⑦

筆者の主観的意見

なるほど、そういう考え方もありますね。言われるがまま遊びに行くのは控えたほうが良いとのことです。

とあるキャバ嬢さんの反応⑧

筆者の主観的意見

これも先ほどと同じキャバ嬢さん。考え方は人それぞれですが、一刻も早くコロナ騒動から打開するにはどうしたらよいのかという本質をしっかりと考えられている感じがします。一方で我々は、自身が「お客様」という立場として、どういう行動をとるべきかをしっかり考える必要があります。

とあるキャバ嬢さんの反応⑨

筆者の主観的意見

この方はキャバ嬢ではないですが、間接的なとあるキャバ嬢さんの意見ということでご紹介。なかなか興味深い意見ですね。先ほどご紹介した【とあるキャバ嬢さんの反応⑦】内で出た意見とリンクしますね。

キャバ嬢ではない方の反応①

筆者の主観的意見

国から保障されるかもわからないお店にとっては、やはり人件費が重くのしかかってきます。一方で感染リスクの回避にもなります。キャストさん、スタッフさん、店長さん、オーナーさん、誰にとっても死活問題なのです。

キャバ嬢ではない方の反応②

筆者の主観的意見

感染経路ということで、極端な意見によってバッシングされてしまいがちなキャバクラですが、そこに携わる方たちへ向けてのフォロー。確かにおっしゃる通りです。そりゃこの状況ですから、一斉に営業停止したほうが良いに決まってるのはわかります。しかしそうはできない理由というものがどこにだって誰にだってあるものです。バッシングされるべきは果たして、リスクを背負ってでも働かざるを得ない方たちなのでしょうか。

キャバ嬢ではない方の反応③

筆者の主観的意見

「行きたいけど行けない…」自身の楽しみだけでなく、キャバ嬢さんに対しての心配やもどかしさも伝わります。筆者としても同じ気持ちです。騒動が終息したあかつきには、また楽しく飲みまくりたいと思っております。この方の言うように、身動きが取りづらいキャバ嬢さんに対してLINE PAYで支援してあげるのも一つの手ですね!時期的にお客としては行けないという方は、せめてもの気持ちを送るのも良いかもしれません。

キャバ嬢たちのコロナ対策

福岡県北九州市にあるキャバクラ【CLUB LATOUR】の【三日月なな】ちゃん。働かざるを得ないからこそ、彼女なりの自衛を取っています。

この投稿をInstagramで見る

おはようございます☀ CLUB CAVEです☺️ ・ 各地で桜が咲き始め、春らしくなってきましたね😊🌸 ケイブは今日も元気に営業します🎵 ・ 中洲へ来られた際には是非#CLUB CAVE へ 本日も御来店お待ちしております😊🙇 ・ 当店では、空気浄化のために各場所に空気清浄機の設置、消毒や除菌、こまめな水分補給などを徹底しており、安心して飲んでいただけるお店作りをしております☺️✨ ・ 写真ははるかさん、みやこさんです☺️💕 ・ #CAVE #ケイブ#福岡#博多#中洲#水商売 #求人 #高収入 #キャバクラ #キャバ嬢 #クラブ #ニュークラブ #ホステス #インスタ映え #シャンパン #ドンペリ #アルマンド #クリュッグ #クリスタル #ソウメイ #ベルエポック #モエシャン #ヴーヴクリコ #drock#ランボルギーニ

福岡 中洲 CLUB CAVE(@club.cave)がシェアした投稿 –

こちらは福岡県中洲にあるCLUB CAVEのはるかさんとみやこさん。お客さんが安心して飲みに来れるよう、消毒対策をしっかりとアピールされてます。

キャバ嬢たちのコロナに対する反応まとめ

キャバ嬢さんや、その関係者の方々のコロナに対する反応をまとめました。皆さんのSNSを見ていて特に思ったのが、キャバ嬢さんたちの投稿に対して、「この状況下で営業するなんて云々…」とお寒い説教を抜かす方々の多いこと。言いたい事はわかるのですが、それをキャストさん個人にぶつけるのは少々想像力が足りませんね。生きるために頑張っているキャストさんやスタッフさんに対するリスペクトを持って、不用意な意見をぶつけるのは控えていただきたいところです。と、筆者自身も説教臭くなってしまって申し訳ありません(笑) とにもかくにも、 自分に何ができるのか、何を言うべきか、もしくは何を言わないべきなのかも考えることが大事ですね。一刻も早いコロナ騒動の終息を願います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする